看護の現場

キャリアアップを目指す看護師さんへ!透析に関する3つの資格をご紹介

キービジュアル

透析でキャリアアップ!

看護師としてのキャリアアップをお望みの方に【透析療法指導看護師・透析看護認定看護師・透析技術認定士】の3つの資格についてご紹介しています。それぞれの受験資格や費用、ハードルの高さなどをチェックしてください。あなたが欲しいと思うのはどの資格か、今の環境が取得できるものなのかなど、検討する際の参考にしてもらえると嬉しいです。
カテゴリタイトルに関する記事透析でキャリアアップに関する記事

透析療法指導看護師は、日本腎不全看護学会を中心とした5学会で合同認定されている資格です。年に1回、1月に試験が行われています。合格率は毎年異なりますが、常に80~100%と高いのが特徴です。
看護師免許を有しており、受験資格に定められる看護の実務経験や学会活動の点数を満たしていれば受験できます。特別に教育課程で学ぶ必要はないため、仕事と受験の準備を上手く並行できるのであれば、比較的取得しやすいのではないでしょうか。準備に時間がかかると思われるのは、3例提出を求められる看護実践例。事前に情報をしっかりまとめておきましょう。
透析看護師として大きくステップアップしたいという方、こちらの資格を取得してみてはいかがでしょうか?

日本看護協会が認定している透析看護認定看護師。21分野あるうちの一つです。キャリアアップを考える看護師さんが、最もイメージしやすい資格ではないでしょうか。
大きなポイントとなるのは、受験資格の一つに挙げられている、6ヶ月・615時間の教育課程の修了。認定看護師の教育施設はいくつかあるものの、透析看護に関しては東京都の1施設のみとなっているのです。学費だけでなく、家賃や生活費など費用の問題が負担となりそうですね。資格取得支援などが利用できないか調べてみましょう。
資格を取得すればより高い専門性で看護が提供でき、さらに周囲の看護職への指導も仕事の一つとなります。強い意欲と責任感がある方におすすめです。

透析技術認定士は財団法人医療機器センターが主となり、腎臓学会や透析医学会などから選出された認定委員会により認められている民間資格です。大きな特徴は、臨床工学技師や看護師に加え、准看護師も資格取得ができること。透析に携わる看護職にキャリアアップの可能性を広げてくれる資格と言えますね。
実務経験を満たした後、座学講習会またはe-ラーニングによる講習会を修了すれば認定試験が受験できます。インターネットの環境があれば、自宅がどこでも資格取得を目指せるという点が嬉しいポイントです。勉強はもちろん必要ですが、チャレンジしやすい資格なので、透析看護でキャリアアップしたい方はいかがでしょうか?

おすすめ記事ピックアップ

ようこそ

透析専門クリニックの勤務年数10年の看護師が、透析について熱く語っています。
透析に興味のある方、転職を考えている方の参考になれば嬉しいです!